犬の口臭が気になって使ってみたドクターワンデル

年々歳をとるにつれて犬の口臭が気になって仕方がありませんでした。隣で寝ていたり、顔を舐められそうになると特に臭いがきつくて気になることが多くなり10歳になった頃に何気なく犬の口を開けて見てみると歯石がたくさんついていました。
おもちゃを噛んで遊んでいたりすると少量ですが出血することもあったので、何か悪い腫瘍とかがあってはいけないと思い動物病院を受診することにしました。かかりつけの動物病院にはたまたま歯科を専門にしていた獣医さんがいて、診てもらうとやはりひどい歯周病になっているとのことでした。
一度麻酔をかけて歯石を取ったり歯周病によりグラグラしている歯を抜歯した方がいいともいわれましたがペット保険にも入っていなかったのでその日はおおよその金額と手術の段取りなどを相談だけして帰宅となりました。家に帰って数日間様子をみていましたがいつも通りご飯はしっかり食べて普段となんら変わりありませんでした。獣医さんの話では、痛みは確実にあっても犬は我慢していて表にはなかなか出さないと言っていたので家族と相談して後日麻酔での手術をお願いすることになりました。麻酔での負担が気になる場合はがドクターワンデルがおすすめです。詳しい内容はドクターワンデル 最安値をチェックしてみてください。
手術は日帰りで終わりました。おむかえにいった時口臭は全くなくなり感動しました。そして獣医さんが手術中の写真などを撮っていたので今後のおやつのことやハミガキについて丁寧に説明も受けました。今まではかたい骨っこなどのおやつをあげていたんですが、犬の歯にとってはかたすぎると歯が折れたりするので良くないそうで、目安としては今後はハサミで切れるかたさのおやつでなければあげてはいけないと言われました。かたければいいと思っていたので驚きとともに反省もしました。
また、ハミガキもしなければ再発するそうなので家族全員でがんばるようになりました。ハミガキは未経験だったので初めは綿棒で犬の口を閉じたまま何本かこすってはご褒美のおやつをあげての繰り返しでした。しかし、無理やりすると嫌がってさせてくれなくなると獣医さんに注意されていたので根気よく数ヶ月かけて慣れてもらいました。おやつで機嫌をとりながらハミガキしていくうちに綿棒から犬用の歯ブラシでできるようになっていきました。
毎日していると歯垢も取れているので口臭がする事もなく2年たった今でも手術後とほとんど変わりないくらいに保てています。人間の歯医者と同じで半年に1回は病院を受診して定期チェックをしてもらっています。このまま毎日ハミガキをしていけば今後また手術をすることはないだろうと今では獣医さんにも褒められるようになりました。もっと早くハミガキをしてあげていたらと後悔することもありますがこれからも怠らずにお世話して長生きしてほしいと思います。