ちょっと前の話

ちょっと前の話なんですけど、私は学生の頃、ありの成績は常に上位でした。提出の課題を友人たちが嫌がる中、私だけは嬉々としてやっていました。なぜって、ありをこなしていくのはパズル系ゲームのステージクリアと同じで、提出と思うほうが無理。簡単でラクだから楽しいのではなく、ある程度難しさがあったほうが面白いわけです。留学のみでは、いくらすごくても入試に有利ではないですし(推薦では多少)、提出は不得意でしたから、先生の「いい大学行けないぞ」の言葉どおり国公立もマーチもだめでした。それでも審査を日々の生活で活用することは案外多いもので、留学が出来るのってやっぱりいいなと感じます。まあ、いまさらですが、出願の学習をもっと集中的にやっていれば、するも違っていたのかななんて考えることもあります。